社員研修・管理職研修のITC|岡山
期間限定!今だけ初回50%OFFキャンペーン実施中!お見積もり無料!ご相談・お申込みはこちら
社員研修・管理職研修のITC|岡山
期間限定!今だけ初回50%OFFキャンペーン実施中!お見積もり無料!ご相談・お申込みはこちら

成功の方程式

“何、私が天才だって?成功の99%は努力の結晶だ”といった意味の言葉を残しているのがエジソンだとすれば、ホンダの創始者である本田宗一郎氏は“99%は失敗の連続だった。そして実を結んだ1%の成功が現在の私である”と言っている。

一所懸命に、人よりも「長い時間」努力すれば成功は得られる。
一般的にはそう信じられているが、それはウソである。

ウソという表現がオーバーであるとすれば、人よりも時間を「効果的」に使って、それも「正しい方法」でコトにあたれば、成功する確率が高くなると言い換えてもいい。

  成功=情熱×時間×方法

私が考える『成功の方程式』だ。

「情熱・時間・方法」の3つのパイが大きければ大きいほど、結果として成功のパイも大きくなる。
つまり、「情熱」を持って一 所懸命に、時間を「効果的」に使って、「正しい方法」で取り組めば、成功は大きくなるということだ。

ところで、この「情熱・時間・方法」の3つはそれぞれ重要だが、あえて重要度の順位をつけるとするとどうだろうか。

一番はやはり「情熱」である。たとえ失敗の連続であっても、1%の可能性が残っている限りチャレンジするといった情熱なくして成功はありえない。
次いで 「方法」、3番目が「時間」だろう。
冒頭で、長い時間努力をすれば成功が得られるというのはウソだ、といったのもここからきている。

さて、この「情熱・時間・方法」にスパイスをかけるとすれば、それは「運」という要素だろう。
ある面で、成功は運に左右されるところがあるからだ。

しかし「運」というのは、相当な部分、自分自身でコントロールすることが可能である。
どう逆立ちしても、自分の力ではどうすることもできないものを「宿命」という。「運」とは「宿命」とは違うのである。
「運」を呼ぶには2つの方法がある。
「肯定的に考える習慣を身につけること」が、ひとつである。
ポジティブになると運が向いてくるはずで、これは時間が解決してくれる。

もうひとつの方法は、「運の強い人と付き合うこと」だ。
運の強い人・明るい人・物事がうまくいっている人と付き合い、いわばその「氣」を分けてもらう、エネルギーを汲み取るということだ。
私も中堅社員を採用する時は、前の会社で失敗してどうにもダメだといった人は、最初から選ばないようにしていた。
うまくいっていて、元気のある人を採ったし、付き合う相手にしても、強運の人との出会いを大切にしている。